指導あれこれ

一学期の授業がほとんど終了し、これからは期末テストへ向かいます。今週終わりからの期末テストでは生徒の頑張りに期待したいと思っています。

 

4月から実践してきて考えたことがいくつもあります。その中からこれからの研究テーマになりそうなこともありますし、自分の実践テクとして考えを深めていかなければならないこともあります。

 

考えてきたことの一つは「良いインプット」とは何か、ということを再度検討したい、そして、それらは(特に)中学生にとっては非常に効果的に機能させることができるのではないか、ということです。

 

さらには、教科書内容をさらに有益にするための手だてはどのようなことが考えられるかということです。

 

英語初学者にとってインプットが重要である、と思っていますが、どんな内容を、どんな方法で、どの程度与えられるかはさらに検討の余地があると思います。

 

また教科書はインプット源の一部だと思います。しかしその内容を、生徒に身近に感じさせるための方法を私は十分持っているのかを再認識する必要があると思っています。生徒を教材内容に食い付かせることによる効果は大きいと思いますし。それが英語教師にとっての力量の一部であろうかと感じています。

 

生徒には英語の授業を通して、何を学び取らせたいのか、どんな人間を育てようとしているのか、自分自身に常に問いながら日々実践に取り組んできました。最近は理想像を検討するため、モデルとして宇宙飛行士・若田光一さんに関する書籍を読もうと思っています。

 

今後も英語指導を通して英語「教育」のあり方をさらに検討していきたいと思っております。