読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の四月から学ぶ

久しぶりの更新となりました。

 

新任校に無事着任することができました。何もかもが新しい環境に不安と期待と入り交じっております。同僚の先生方からは大変気さくに歓迎をして頂き、感謝申し上げます。

 

この四月はまさしく怒濤という言葉が相応しく、いろいろなことがもの凄い勢いでやってきては何とかこなす、という日々が続きました。先週末には新入生向けの初学校行事に宿泊付きで出かけてきました。これまでが本当にしんどかった感じです。これからは運動会が始まります。また忙しい日々が続くものだと思われますが、楽しみながらこなしていければいいですね。

 

同僚の先生方ともいろんなことが協議でき、よりよいものを作っていこうとする姿勢に本当に力を注ごうとする魂を感じましたし、私も見習わなければ、と思います。また、そのためには細かなところまで詰める必要がありますし、それらを曖昧にせず、言語化していきながら最良をチョイスしていくことでよりよい生徒像を具現化していくことを大切にしようと思いました。

 

英語授業としてもまた然りです。

先週には授業が始まり、生徒の雰囲気を感じましたが、大変反応も良く、色んなことにチャレンジできそうです。またそれらを発信していければと思います。

 

新しい環境に少し慣れてきた今日この頃、これからの期待感に心を躍らせているところです。