open my mind and students' positive attitude

最近、意識的にしていることがあります。

授業中の「自己開示」です。

 

生徒に英語学習に対する学習の仕方をあれやこれやと話しています。そうすると、生徒の家庭学習のやり方に工夫が見られるようになってきました。今までは単語を書くだけの自学ノートが1学期当初は多く見られました。

 

ここのところは授業と連動した内容が見られます。意欲的にチャレンジしようと発展的に取り組む様子も見られます。一番嬉しいのは、英語をかなり苦手としている反抗期バリバリのAくんが、やる気が出てきた、楽しい、といってきたことです。

 

全体としてここまでくるのに時間がかかりました。まだまだ能力は全体としても低いのですが、学習に対する前向きな姿勢は嬉しいほど見違えるようになってきました。点数としても満足のいくところまで引き上げてあげたいと思うのですけどね。

 

自分が最近学習している方法も紹介しました。英字新聞を活用した学習です。自分でも語彙、表現、読解の力がつくと感じていますし、工夫しながら取り組むことで、自分でも次をやりたいといつも思っています。

 

そんなことも開示するととても興味深げに聞いてくれていまそたし、授業もかなりポジティブな姿勢になりました。本当に見違えるようになってきた3学期の今日この頃です。家庭学習にも功を奏し、力をさらに伸ばしてほしいと思います。