読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sustainable development of english abilityを

今日は以前受けていた地域の学力テストの結果を得ました。

 

私の授業ではhow to useを意識させながら、what to say, what to learn from the textを求めています。もちろんoutputする正確性も求めますので、生徒からすると間違いなく大変な教科だと思います。しかし、そんな中でも生徒の頑張りを認めながら、徐々にskillsの育成を図っているという現状です。

 

テストの結果は平均までもう少しといったところでしたが、下回ったのは英語ともう1教科だけでした。skillsの育成がテストに反映されない。この悩みは色んな教員との話の中で出てくるところからも、多くの先生方が抱えているテーマだとおもいます。

 

このような点からも、classroomにおけるsecond language acquisitionがどのように進むのかを明らかにする必要性を強く感じます。テストの妥当性も検討されるべきだと思います。

 

中学校では3年間でどのような言語習得が行われるのか、現状、生徒に求めるものが多すぎやしないか、明白か。英語教育のインフラがさらに整備され、快適な道路を進めることを望みます。その発信ができればこの上ありません。

 

生徒が無理なく、外国語活動の良いところを上手く引き継ぎながら、さらには楽しみながら、英語を通して人格を成長させることができるような英語授業を追求したいとおもいます。

 

ある著名な先生が仰いました。一時的に成果を上げている研究はあるけれど、それが息長く続いているか、その個人がその後しっかり成果を上げているかは疑問であると。長期的な視点から生徒の英語力を高められる実践ができればと思いました。課題山積みだね。