今年の夏の振り返り

もう夏休みも終盤戦ですね。今年の夏休みは全国英語教育学会への参加で締めくくりをしたところです。発表も少し考えたのですが,今年はお手伝い係に徹することとし,与えられた業務をこなしました。今年は熊本での開催ということで,大学時代をお世話になった熊本に少しでも貢献できればということでした。色んな先生方とお知り合いになれて嬉しく思いました。

 

最近はあまりどこそこに出かけての研修はあまりなかったのですが,胡子美由紀先生の講義に参加しました。県主催の参加者限定的な会だったのですが,大変刺激を頂きました。生徒を育成すること,その成果としての胡子先生が指導してきた生徒の姿に自分の拙い指導を恥ずかしく思いました。

 

胡子先生は理論・論理にも大変精通されていることがよくわかりましたし,様々な根拠を適宜取り入れながら,ロジック一辺倒ではないユーモアに溢れた指導の展開をご教示頂きました。ロジックの取り入れ方,について大変参考になるとともに,二学期からできることが多くあることを学べました。大変ありがとうございました。

 

また,書物からも多くのことが学べました。いろいろと読み進めましたので,まだうまく整理できておりません。が,英語教育に関するものから教育学的なもの,熟達度一般的なもの,心理学的なものなど大変勉強になりました。

 

熊本研究大会における研究成果についても大変素晴らしい研究内容に接することができましたし,これからの参考となりました。

 

私ごときなのですが,九州英語教育学会でのお仕事を頂けることとなり大変恐縮しております。また今後とも精進していこうと思います。