教科書の内容理解から応用へ

先日校内研における授業を行いました。私としてはいつも通りの流れを見てもらいたいと思っていたので,何も飾ることなく「学習したこと〜自己表現」への繋ぎのところを見て頂きました。教科書本文を練習し,その基本文を活用しながら練習プレゼンテーションする,というところでした。まだまだ上手くプレゼンできていないところがありましたので,特に導入や提示方法などにも注目させながら,堂々と発表できるように指導したいと思っています。

 

3年生は今現在We can change the world. という単元を学んでいます。この単元では,アフリカの少年が家族のために,本で見た「風車」を開発して,電気を起こし,地域の人を驚かせたり,家族の健康に役立てたりしたことから,身近なアイディアによってchange the worldできるんだという内容が書かれています。題材内容の理解を深めることによって自分の将来を考えさせる内容へと発展させたいと思います。

 

今日は内容についてのコマイラストと要約に取り組ませました。テーマと合わせて,「○○(登場人物とか自分)はプロフェッショナル」と名付け,BGM(progress)を用意してモデルを示してみました。いいタイミングでBGMを流せたので,生徒はよく笑ってくれました。

 

要約をさせるには,キーワードの選択が重要となります。内容についての理解を確認しながら適切と考えるキーワードを選択させました。もう少し適切なキーワードへの絞り込みができればさらに良かったのだろうと思いましたが,指導力不足のため断念し,英文を書かせてみました。イラストも一生懸命に書いていましたので,とても面白い内容が出来上がりました。楽しそうに取り組んでくれる姿は見ていてもとても微笑ましいものです。

 

今週は空き時間もあまりなく,色んな所用でとても忙しかったなぁと今日の帰りに感じました。しかしながら,授業の充実は本当にエネルギーをくれますし,そのための準備は楽しいものです。計画的,系統的にもっとできれば最高なんですけどね。