Taiwanに関するプレゼンテーションをしよう

今現在Good Presentationという単元を扱っています。良いプレゼンテーションをするには,効果的に図・表・グラフを使うことが必要だ,という趣旨で書かれています。私が何かで発表をした時には,パワーポイントの細部に至るまで配慮したことを思い出します。さすがにそこまで中学生に求めません。しかし,図・表・グラフを伝えたいことをわかりやすく伝えるためにどのように使うか,ということが大切なのだと思いますし,最低限のプレゼンのマナーについてデリバリーできるように指導したいと思います。

 

中学生に指導するときには何か英文をみんなの前で「発表できればいい」のではもちろんありません。伝えたいことだけを伝えれば良いものでもありません。伝えたいメッセージをもたせ,そのメッセージに興味を持たせるような前置き,そして聴衆にわかりやすく伝えるための手段としての図・表・グラフなのだと思います。なので登場して,図・表・グラフだけを説明して終わり,ではGood Presentationにはなりません。その辺りを工夫させたいと思います。時間がかかりそうだけど…(笑)

 

私の生徒には台湾の学生と文章でのやり取りをさせています。なので,「生徒には台湾について調べよう,そして調べたことをプレゼンテーションしよう」と取り組ませています。最終的なプレゼンテーションを撮影し,送ろうかと計画しています。今の段階は,台湾の新幹線を含んだ世界の新幹線を比較して紹介できるように全員で練習したところです。少しずつですが,練習すればできるようになってきていますし,数字をランダムに変えて即興的にやらせてみてもできるようになるその過程が見ていても非常に微笑ましい感じです。

 

色んな資料を

台北駐日経済文化代表処

に頂けないかとトライするところです。

生徒もチャレンジ,教師もチャレンジです。