実践リスニングストラテジー!

明日に3学期始業式を控えた今日,同僚の先生と「より生徒の力を引き出すにはどうしたらいいのか」について協議し,実践計画の修正とその具体化を試みました。

 

特に3年生については入試を控えていることから,英語力の総合的な伸長とともに入試問題にも上手く(イメージの中では「入試問題を軽々と」)対処できるように,ビルドアップさせる展開を共有し,ではどうすればいいのかを具体化しました。

 

協議した事項は・・・

3学期の最終目標は「自分が今抱いている将来の夢」について3年生らしいスピーチさせること

そのためには教科書の題材内容についての考えをしっかりと深めさせること

帯活動としてリスニングストラテジーを意識した取り組みをすること

過去問なども単独で扱うのではなく,技能と絡めながら展開すること

などを時間をかけて話し合いました。

 

同僚先生がリスニングについてはどうしたらいいかと切り出してくれたので,リスニングストラテジーを意識する展開についてしばらく協議しました。そして以下のような帯活動(各STEP10分程度)を展開することにしました。

 

STEP1 ジャレマガ(浜島書店)を基本に生徒のレベルに合わせ,まず始めにテーマだけを伝える。どんな話なのかを推測させ,リスニングをさせる。その後TFクイズ。

STEP2 スクリプトを渡し,リーディング,内容理解をさせる。

STEP3 再度リスニングを行い,内容確認のための英問英答やグリッドで答えを書き込むなどの活動に取り組ませる。

STEP4 ノーマルスピードで英文を読み,できるようになった伸長感を与える。

の4時間1セットの流れで取り組んでいく。

 

で,その後早速第1回目に扱うハンドアウトを作成し,お互いに見合いながら,さらに改善点を修正させ,今日のところの完成としました。私自身は非常に大きな達成感を得ることができました。それは2つの意味で。

 

1つは早く取り組んで,生徒の反応をもとにさらに改善していきたいと感じられたこと。

もう1つは,お互いに目標達成のために1つの方向性(円満納得した形で)で取り組めること。

 

これまでには色々とどう協働するか試行錯誤してきましたが,やはり「協議する」ことで良い方向性が導かれました。本当に嬉しく思いました。

 

4STEPには色んな要素が組み込まれておりますし,「できるようにさせる」ことで効果は必ず上がる!と確信しています==3 

 

3学期も良いスタートが切れそうです。