リスニングストラテジーについて

仕事を頂けるのは非常にありがたいことです。昨年の秋に仕事の依頼を引き受けました。どんなに忙しくても受けた仕事には付加価値を付けて返したい,を信条に頑張っております。

 

内容はリスニングに関わることでしたので,私なりにリスニングについて調べてきました。文献調査では幾つかを読み進めてきたのですが,一番内容が実践向きだった著書がTeaching ESL/EFL Listening and Speaking (I.S.P. Nation, 2009)です。

 

Teaching ESL/EFL Listening and Speaking (ESL & Applied Linguistics Professional Series)

Teaching ESL/EFL Listening and Speaking (ESL & Applied Linguistics Professional Series)

 

その中のリスニングセクションについて以下私の備忘録でございます。

 

リスニングはスピーキングにつながる自然な前置きである。

それまでの行動主義から言語学習はbuilding a map of meaning in the mind; building up the cognitive map in the mindであるべきだ,という流れに(80's)。

リスニングは「伝統的に受容的学習と見なされがち」な立場から「対話者間に相互交流的なメッセージを創造し解釈を共有するアクティブ」なモデルへのパラダイムシフト。

Meanings are shaped by context and constructed by the listener through the act of interpreting meaning rather than receiving it intact. (Lynch and Mendelsohn, 2002)

 

リスニングの種類

one way listening(意味転換のためのリスニング)講義

two way listening(相互交流のためのリスニング)対話活動

 

リスニングプロセス

top down process(演繹的プロセス)all into the details, pieces

bottom up process(帰納的プロセス)the details, pieces into all

TDもBUも多くの下位技能を必要とする。

いくら母語並にパフォーマンスができても,イマージョンの生徒はライティング,スピーキングには不備な点が見受けられる。(Swain, 1985)

although meaning-focused listening is important, learners also need opportunities to pay attention to language details so they can learn thouse parts of the language system that may not be so important for basic communication but are important for accuracy.

 

meaning-focusedリスニングの活動例

listening to stories(一般的なリスニング活動)

→生徒の前で繰り返したり,ゆっくりと読んだりする。知らない語彙が出てきた時は黒板で明示したり説明したり…。理解することが出来るようになればより速く,繰り返しをせずに。キリのいいところでその時間は終了。まるでシリーズ物のテレビ番組のような展開をすることができる。

 

リスニングをさせる上で心がけておくこと

Meaningful:インプットが意味のあるコミュニケーションの一部となっているか。

Interesting:生徒の注意を向けるのに役に立つ,興味の引く情報を有しているか。

New items:リスニングを通して言語,考え,技能,などを学べるか。

Understanding:インプットを理解できるか。

Stresss-free:生徒にとってのストレスがコントロールされているか。

 

Meaning-focusedリスニング活動の技

oral cloze:途中で切って,次を推測させる。

picture ordering:バラバラになっている絵などを正しい順に並べ替える。

what is it ?:少しずつ絵を書き足しながら,何かを推測させる。

same or different:お互いに(自分の絵は相手に見せずに)自分の絵を説明し,同じか違うかを当てる。教師ー生徒間や生徒ー生徒間。 

listen and choose:少しずつ異なる絵の中からモデルを聞いて正しいものを選ぶ。

listen and draw:言われた内容を描く。

padded questions:教師の口頭説明した内容について質問する。

 →I have two brothers. How many brothers or sisters do you have ?

 

リスニングのサポート

listening support acts as a temporary bridge which leaners use to reach the target.

母語,背景知識を活用させる。

正しく理解できるような足場掛け(pic orderingなど),main pointについて考えさせる。

共同学習で取り組ませる。

 

リスニングしたことを他の技能で

 →information transferを(例)ライティングで取り組ませる。gridなどを活用して。

 

利点

理解をより促す。

ガイドを加えておくことで余計な技能に注意を取られることがない。

ノートテーキング→アイディアの活性を促す。

インプットをより深くプロセスさせる。

 →information transfer is information transmitting (of the input).

 学ばせたい形式・語彙を文に取り入れておく→transmit

 

大切なことは「正しい解釈と自分なりの考えへの置き換え」だと思っています。楽しいアイディアはこんなところから生まれるものですね。生徒が楽しく学べる活動を展開できるようにさらに知恵を出さないとな。