フォーカス・オン・フォームの広まりとform-focused activity

先日第1回研修会を開催し,約20名の先生方においで頂きました。講師先生からは実践のtipsを盛り込んだ大変有意義な話を頂きました。きっと多くの先生が「日常の実践に取り入れよう」と感じたはずです。私も「やらせっぱなしでどうにかならないかな」と感…

Taiwanに関するプレゼンテーションをしよう

今現在Good Presentationという単元を扱っています。良いプレゼンテーションをするには,効果的に図・表・グラフを使うことが必要だ,という趣旨で書かれています。私が何かで発表をした時には,パワーポイントの細部に至るまで配慮したことを思い出します。…

研修会の開催

私の地域は「西日本一?九州一?面積の大きい市」とか何とかで売り出し中(笑)の大分県にある片田舎です。最近のホットな話題と言えば,3月にようやく東九州自動車道が宮崎に向けて開通すること,我が市出身の小野正嗣さんが芥川賞を受賞したということで…

literature reviewとの格闘

毎晩格闘しています。今現在の進捗状況…全体の10%ってとこかなぁ。 なぜこの研究をしようとしたのかを「論理的に且つわかりやすく」。 このセクション,大変なんだけど,ここにつまずきがあると読者(って読んでくれる方がいるのかは?ですけど(笑))の…

実践リスニングストラテジー!

明日に3学期始業式を控えた今日,同僚の先生と「より生徒の力を引き出すにはどうしたらいいのか」について協議し,実践計画の修正とその具体化を試みました。 特に3年生については入試を控えていることから,英語力の総合的な伸長とともに入試問題にも上手…

リスニングストラテジーについて

仕事を頂けるのは非常にありがたいことです。昨年の秋に仕事の依頼を引き受けました。どんなに忙しくても受けた仕事には付加価値を付けて返したい,を信条に頑張っております。 内容はリスニングに関わることでしたので,私なりにリスニングについて調べてき…

一体どういうこと?を紐解きたい

確実に部屋の中にある蔵書が増えている今日この頃,周りの方からは温かくも親しみのある表現で「マニア化してるね」(笑)と言われ始めているJinでございます。まだオタクと言われないだけ良いか(笑笑)しかしながら私は強く思っているのですが,私は自分自…

Input Processing

以下VanPatten(2007, 2e) Making Communicative Language Teaching Happenより。 原理1:意味(の原理)優位:学習者はインプットにおいて形式よりも意味を優先して処理する。 1a:内容語優位:学習者はインプットにおいて他の何よりも内容語を優先して処…

統計分析のお話

今日は大学の先生に研究の進捗状況を報告する時間を持って頂きました。 準備物は以下のものです。 ・プレテスト・ポストテスト・遅延ポストテストのローデータ。 ・分析指標に沿って統計処理した結果サマリー。 ・地元名産のケーキ(笑) 2学期の実践でそれ…

何に注意を向けさせ関連付けて育成するか

今日は生徒の様子から,量的側面からはなかなか見えてこない質的側面の変容が浮き彫りになってきました。研究的な視点から言うと,量的・質的な混合研究の重要性を感じるとともに,実践者としてはこの「生徒の質的な変容」という要素を抜きにしてはならない…

テーマについての考えを深める

生徒には先月辺りに一度チラッと言ったのか忘れましたが,昨日は私の誕生日でした。朝学活をしに教室に上がったら,サプライズにbirthday songをクラス全員で歌ってくれました。あの(笑)不器用な生徒たちが,ふざけながらではありましたけど,拍手しながら…

教科書題材内容を理解させるための工夫 実践編

受け持ちの2年生。英語はとても苦手だけど,牛歩な感じでもできるようになっている姿が見られるとてもかわいらしい生徒たちです。これまでの1年半,授業は多くの時間を英語で進めてきました。英語を使用する意識が彼らの中にも備わってきたと最近思います…

教科書題材内容を理解させるための工夫 概論編

「教科書の題材内容を理解させる」ことはSLAの視点からもその重要性は幅広く述べられておりますし,やり方次第では生徒を一気にこっち(教師)の思惑(笑)に乗せることができると考えます。 教科書の英文(生徒に与えるインプット)の「理解」って何?とい…

自己一致

働き始めてから10年超。教師としてのあり方を模索した結果,教師でなければならないとの強い意思が働き,教師として生徒の前でも振る舞ってきました。その結果,私自身,何処か生徒との距離を感じてきた,というのが紛れもない事実です。 それで上手くいく…

英語教育理念のupgrade

Jinです。ブログを新しくして第1号の記事。 気持ち新たに綴っていきたいと考えております。改めまして。私は公立中学校に勤めている者です。現勤務校は2年目。持ち上がりの2年生を担当しております。 現勤務校に所属してからというもの,生徒に真摯に向か…