読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(私にとって)激動の一学期

ほぼ終了! 本当に嬉しいです、一学期が終わろうとしていることが。 それは、「休みになる」ということももちろんですが、 大きなヘマなく終えられた、ということもあります。 仕事的には周りの先生方に迷惑をかけまくっているので 申し訳なさ一杯ですが(笑…

指導あれこれ

一学期の授業がほとんど終了し、これからは期末テストへ向かいます。今週終わりからの期末テストでは生徒の頑張りに期待したいと思っています。 4月から実践してきて考えたことがいくつもあります。その中からこれからの研究テーマになりそうなこともありま…

For (pre-service) teacher, from research and practice

今後、実習のため、学部から学生を受け入れることとなります。 本実習に向けての事前学習として、授業参観とか事前打ち合わせなどがあります。 私も努力して参りたいと思います。 それで、先日推薦図書などがあれば、ということで数冊の文献を勧めさせて頂き…

今行っている入門期指導

今年度は一年生を担当しています。この生徒たちと三年間を共に過ごし、授業を通して多くのことをお互いに学び合っていけるようにしたいものです。ここ最近の授業に関しては、入門期指導をするに際し、以下の文献を参考にしながら進めています。 学びのための…

これからの期待

新学期が始まりGWを迎えつつあるこの頃ですが、学校環境にも少しずつ馴染んできている自分がいることに気がつきつつあります。その中にして自戒するべきことだと感じたことは、これまで当たり前に思ってきたことをリセットし、先生方と価値観を共有するこ…

怒濤の四月から学ぶ

久しぶりの更新となりました。 新任校に無事着任することができました。何もかもが新しい環境に不安と期待と入り交じっております。同僚の先生方からは大変気さくに歓迎をして頂き、感謝申し上げます。 この四月はまさしく怒濤という言葉が相応しく、いろい…

異動のお知らせ

大分県にも春が訪れ、桜もチラホラと咲き始めました。 昨年の今頃、現勤務校に異動となってからあっという間に一年が過ぎ去りました。 明日は離任式です。 そして今年も異動対象者となってしまいました。 新年度より大分県を離れ、関東地方の国立大学附属中…

今年の学び

今年も卒業式を終えました。 昨年の子どもたちを担任として見送りたかったのが正直なところですが、ビデオレターにその思いを託したところです。 今年は生徒会担当として、卒業式を全般的に運営する立場にありました。卒業式の全てを生徒会で仕切っている学…

open my mind and students' positive attitude

最近、意識的にしていることがあります。 授業中の「自己開示」です。 生徒に英語学習に対する学習の仕方をあれやこれやと話しています。そうすると、生徒の家庭学習のやり方に工夫が見られるようになってきました。今までは単語を書くだけの自学ノートが1…

resent conditions

近況報告として、昨年度に取り組んでいた英検の研究助成報告書がウェブ上に公開されましたので、お知らせいたします。 今思えば、改善できるところも多いのですが(^_^;) 何かとお役に立てば幸いです。 http://www.eiken.or.jp/center_for_research/pdf/bulle…

sustainable development of english abilityを

今日は以前受けていた地域の学力テストの結果を得ました。 私の授業ではhow to useを意識させながら、what to say, what to learn from the textを求めています。もちろんoutputする正確性も求めますので、生徒からすると間違いなく大変な教科だと思います。…

学級担任と英語教育者

最近生徒を叱責することが2度ほどありました。 一件は授業での出来事でした。月曜日の授業ということもあり、気乗りもしていないのがありありと感じられ、活動に一つも取り組みませんでした。 もう一件は、卒業式に向けて取り組んでいる最中の合唱でのこと…

ICTの活用

最近、ようやくと言って良いと思いますが、授業でICT機器を使用するようにしました。これまではその取り入れには消極的でした。その理由として、良い活用方法が思い描けず、その導入にいささか懐疑的な感を持っていました。自分の学習としてpodcastを聞いた…

I'm enjoying teaching!

学校は三学期も中盤戦、1年の早さを感じます。この間異動してきた感じがするのですが、もう今の生徒たちと関わって春夏秋冬を経験したのだなぁと思いました。 現任校の生徒たちとは、教員にあるまじき発言ですが(笑)、本当に仲良く、ある意味、友達のような…

両国中高 杉本先生の英語教育から

先日は東京都両国高附属中の杉本薫先生をお呼びしてのセミナーを開催させて頂きました。開催にあたりましては全面的に浜島書店さんにバックアップして頂きました。ここに感謝申し上げます。 杉本先生の実践から学んだことの根幹として・・・ 私は英語「教育…

目の前のことから

2016年になりました。 今年はとりあえず3月まで猛烈に多忙な日々が続きます。日々の仕事を見通しを持って前倒ししながらやっていかないと,と思っているところです。あれもこれもとマルチタスク状態になりますので,一つひとつこなしていこうと思います…

今日は年を忘れる会ですが

今日は年を忘れる会に参加しております。@別府です。 今年も一年、色々とありました。 しかしながら、忘れられない出来事が非常に多い2015年でした。 来年もさらなるステップアップに励みたいと思います。 忘れたいことだけ忘れて・・・(笑)

Readingをできるようにさせたい!

ここのところ、Readingにはまっています! その発端は、テストの時でした。教科書やワークで一度解かせたものを、新しい作問はするにしても、同じ英文で読ませることに何の意味があるのだろう、と甚だ疑問に感じました。現勤務校は定期テストを同じ問題で他…

セミナーのお知らせ

セミナー開催のお知らせです。 浜島書店さん主催のセミナーを開催することとなり、 運営の役を仰せつかりました。 講師は両国高等学校附属中学校の杉本薫先生です。 「杉本先生の示唆に富む実践に多くのことを学ぼう」と私も心が躍っております。 「近所だし…

於鳴門 

久しぶりの更新となってしまいました。 ここ暫く大変忙しくさせていただきました。 大きなチャレンジをしておりました。 また本ブログでも紹介できる日が来ることと思います。 今現在は徳島県鳴門市に滞在しております。 明日文科省指定研究の公開研究会に参…

於京都

今日は修学旅行の引率で京都に来ております。年々外国人観光客の姿が増えているのかなぁなどと何気に感じております。今日は生徒の1日自主研修。私も少し自由時間がありましたので,京都散策に出かけてきました。 京都には私の家庭がお世話になっている臨済…

今年の夏の振り返り

もう夏休みも終盤戦ですね。今年の夏休みは全国英語教育学会への参加で締めくくりをしたところです。発表も少し考えたのですが,今年はお手伝い係に徹することとし,与えられた業務をこなしました。今年は熊本での開催ということで,大学時代をお世話になっ…

謎は深まる(笑)

今年の夏は例年になく穏やか。 忙しいのは忙しいのですが,何もないといえば何もない。 ゆっくりできている時にふと これで大丈夫なのか??と思ってしまう。 ここのところ2学期にデータをとることにしよう!と思案中。 そのための下調べをしなければ・・・…

2015 夏

しばらくブログの更新もできず,忙しさの中に色々とかまけておりました。お盆を前にようやく少し気持ち的にゆっくりできる日を迎えることができたので,実家の涼しい空気の下,気分良くパソコンに向かうことにしました。とは言っても昼間になれば今年の暑さ…

CBLT

授業研が明後日(月)となりました。今回は強くバックワードデザインを意識し,着実なレベルアップを図ってきました。が,計画的・系統的に仕組んでいても,論理的に構成していても,生徒の力育成には時間がかかるもので,そうそう上手くいくものではありま…

研究授業

6月末に研究授業をすることとなりました。 生徒の現状を分析する手立てとしてデータ・行動分析を検討し,指導計画を論理的に,鋭意作成中(笑)です。 つけさせたい力も明らかにしながら,そのためにはどのような手段をとるか,評価規準は適切かなどについ…

Amor Fati

久しぶりに更新します。未だに引っ越し先のネット環境を整えておらず,いつ手続きをするのだろうかとのんびりしている状況です。一度手続きの電話をしたのですが,これまでと異なる手続きのため自分自身もよくわかっておらず,さらに相手方に「今忙しいので…

英検論文終了

しんどかった・・・。 働きながら,論文を書くことがこんなに辛いとは。 周りの先生方には上手いこと理解されず。 ま,理解されるはずもないのだけど。 その上,通常業務は当たり前に多く, 暇を見つけては論文ファイルを開き, 論文ファイルを開いては,に…

家庭訪問を通して感じる教育方法のあり方

怒濤の四月が終わりを迎えようとしている今日,ようやく全ての家庭訪問が終了しました。この一ヶ月の勤務は精神的にもハードな日々が続いてきました。次々と課される仕事に四苦八苦しながら,慣れない中で行う取り組みのハードさを痛感しました。しかしなが…

(英語)教師としてのやりがいを見つけよう。

ここの所,新しい環境に馴染むのに必死でありまして,引っ越し先にはまだネット環境も整えておらず,久しぶりの更新となりました。 勤務地区や学校が違うとこれまでと異なる事も多く,多かれ少なかれ異動による疲労はあるものだと感じているこの頃です。そん…

忍の一字は衆妙の門

新年度が始まり,第2週が終了しました。生徒が新学期を迎えての今週は,本当に目まぐるしく日々が過ぎていきました。そんな中でも言えることは,どこに勤めても生徒は可愛いものだ,ということです。今年受け持つことになった生徒も大変人懐っこくて大変親…

新しい学校での使命

新しい学校に着任しました。先生方の大変心温まるウェルカムに「異動ショック」を感じることなく,スムーズに事を進めることができました。本当にこちらでも大感謝です。 大変なのは私の引っ越しです。まだ全然完了していないので,今週末は大変です。 新勤…

生徒へ

2年生のみなさんへ あなたたちが入学してからあっという間に2年が経とうとしています。4月からは3年生なのですね。時の流れの速さを感じます。 みなさんは,本当に手がかかる人たちです。修学旅行では二条城にまさかの忘れ物をしたと報告を受けたのが閉…

生徒に良い記憶を残したい

内示を受け,新しい勤務校に異動することとなりました。 新しい勤務校は山間にある連携型中高一貫校です。県南地区から県北地区への異動となります。現在勤務している私の地元からは通うことは難しいので,引越をする必要があり,バタバタの春になっています…

announcement

Last week I was told (un)officially that I am going to go to work for new school from this April 1. I was so shocked because I wanted to keep being in the school until the students are to graduate. I am getting to recognize its unchangable…

「理論と実践」に関する現場からの視点

私は学校という場に身を置きながら,言語習得理論を基本に学際的な視点から文献調査を行っています。そして生徒の力を伸ばす指導を構成・実践し,その効果についてまとめたり発表したりしてきました。 今時点で振り返ってみると,発表したことなんて実践のほ…

カスタマイズの法則→自律 へ

教科書内容理解のための「グリッドリスニング」は非常に生徒には好評で,内容に対する理解を意外に簡単に深めさせることができました。そのカラクリは非常にシンプルで,聞いて答えを選択させた,つまりは半分答えを選択肢としてハンドアウトに載せていると…

熊本研究大会

昨日は熊本市に出かけてきました。車で約2時間30分。朝間は天気が悪く阿蘇市辺りは霧の中といった感じでしたが,少し遠いドライブ感覚でたどり着きました。 熊本まで出かけた理由は,全国英語教育学会熊本研究大会の打ち合わせ会議です。熊本研究大会のお…

波及効果とラポールの相乗効果

一年の指導が終えようとしている今日この頃。学年末テスト作成の段階では非常に頭を悩ませました。今回のテストの目的は,生徒に「自信を与える」ということでした。 「難易度を下げて点数を上げれば良い」ということではなく, 「一定の難易度は保ちながら…

一瞬目の前が暗くなったよ(笑)(泣)

今日は学年末テストです。 というわけで若干の余裕時間があり, E協会の論文を手直し,手直し,という訳で作業を進める。 見てもらえる人がいるかどうかはさておき, 読んで頂ける方に分かり易く, ・・・ って考えていたら, これじゃーだめだろっ いまのま…

生徒指導観

中学生は不安定な時期。小学生であればまだまだ子ども。しかし中学生になれば大人への階段を一歩一歩加速しながら駆け上がり,自分は大人なのか,それともまだ子どもなのかと思い悩みながら,混沌とした時期を過ごしている,自分との葛藤の時期であると認識…

学ぶべきことは生徒が教えてくれる

学校現場において,一年のうちで一番感動的であり教師としての醍醐味を感じることができる時期がやってきました。 今日は卒業式の練習があったのですが, 練習とは言えど生徒の姿を見ていると「こみ上げてくる思い」がある訳で, 涙は自然と出そうになる訳で…

機を捉えて

私は卓球という競技をしたことがありません。選手として試合に出たことなんてとんでもありません。昨年度卓球部を顧問するように言われたので担当している(笑)という状況です。 しかし私は負けず嫌いの性格である・・・と思っています。私がやるからには生…

EDUCATORとしての前進を

先日,来年の全英連に向けた地域部会の研究検討会に参加をさせて頂きました。私としては地域としてどのように取り組みの成果を出そうとしているのか,その過程を知っておくことが必ず生かされる時が来ると考えています。ただ成果(良し悪しはさておいて)だ…

普及

先日は各地域から部会の長が集まる会に参加をしてきました。私は部会の長ではないのですが,ピンチヒッターということでの参加となりました。会の概要は,県が提案している施策が各地域で意識され適切に取り組まれているか,同時進行的に進んでいる諸々の協…

乗り物の選択について

今週末は家族の所要で東京へ行ってきました。訳あって新幹線を利用することとしました。これまでは東京へは飛行機の使用が主で,新幹線で東京へというのはかなり久しぶりです。関西くらいは新幹線で行きますが、東京となると以前使用したのは中学生の時とか…

題材内容に対する思考の深まりがアウトプットの鍵

今日は大分県の私立高校入試の日でした。まだ問題を見ていないのですが,いずれにしても,どのような問題が出されても,彼らの力が発揮され,希望の進学先へ進んでほしい!と思います。 最近の授業の中では,「ある人物についての成功体験」や「効果的なプレ…

菊池省三先生の分析的理解

今日は教員である叔父,叔母に誘われ,菊池省三先生のワークショップに参加しました。菊池省三先生といえば北九州市の小学校で子どもの荒れと向き合いながらも,巧みであり洗練された,かつ卓越した指導によって一躍注目を浴びている先生であることは私も知…

教科書の内容理解から応用へ

先日校内研における授業を行いました。私としてはいつも通りの流れを見てもらいたいと思っていたので,何も飾ることなく「学習したこと〜自己表現」への繋ぎのところを見て頂きました。教科書本文を練習し,その基本文を活用しながら練習プレゼンテーション…

運用におけるscaffolding

先日連絡を入れた駐福岡弁事処の担当者の方が私の取り組みを大変よく理解してくれ,快くいろんな資料を送って頂きました。昨日それらを受け取り,生徒に「〜〜というところからこんな資料をもらいました」と説明をし,それらの中の一部をコピー,冊子化して…